健康診断で受けられる検査項目

健康診断で確実な結果を知る為のお役立ちサイト

健康でいるために必要なこと

健康診断は何の症状はなくても、受けることで早期に病気を発見することができます。 何の症状も出ていないのに病院で検査を受けることはあまりないと思いますので、お勤めの会社での健康診断が唯一の機会だという方も少なくないのではないでしょうか。 病気の種を早めに退治して元気にお仕事を続けましょう。

病気の種を発見するために

現在では不健康な生活を送ってきてしまったがために生活習慣病などの病気に罹ってしまう人も少なくありません。
生活習慣病に関しては遺伝要素は少なく、普段の食事や運動不足、喫煙や飲酒、学校や職場でのストレスなどさまざまな生活していくうえでの生活習慣が原因となる場合が多いのです。
生活習慣病は自分の生活習慣を改善するだけで予防性の高くなる病気です。
できることから少しずつ始めてみませんか?

まずは生きていくうえで必要不可欠である食事に関してです。
食事は人によって好みが分かれるため、特に一人暮らしの場合は好きな物ばかりを食べてしまいます。
人は味の濃いものや、カロリーが高い物を美味しいと感じることが多いので自然と美味しいと思う物ばかり食べてしまう傾向にあり、徐々に生活習慣病に自ら近づいて行ってしまうのです。
生活習慣病はほとんどの場合、悪化してしまわないと自覚症状が出てこないために、定期的な健康診断などで自分の体を把握しておくことが大切なこととなります。

また、適度な運動は血管を健康な状態に保ってくれるので動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳卒中などの病気のリスクを減らしてくれます。
そんなに激しい物ではなく、定期的に続けていけるようなものを無理なく行えるようになることが理想です。
仕事がデスクワークでほとんど運動をする機会がない方や、休日に家でのんびりとすることが多い方は運動不足になりやすいので注意が必要です。
適度な運動は睡眠にも良い影響を与えますので、ぜひ簡単なものから実行してみてください。

おすすめリンク

健康診断の検査項目

定期健康診断と生活習慣病予防健診はどんな検査をするのでしょうか? どんなことをするのかがわからないと不安になってしまう場合がありますよね。 基本の検査はしっかりと、また場合によっては医師が検査結果をもとに追加の検査が行われますので内容を把握しておきましょう。

健診前に気をつけよう

健康診断の前日にどのような食事をして、どんな行動をとるかによって検査結果に影響が出てしまう場合があります。 禁止されていることを確実に守ることと、少しの注意でより正確な検査を行うことができるので、前日から健康診断の間だけでも気を付けてみてください。