健康診断で受けられる検査項目

>

健康診断の検査項目

基本の検査をしっかりと

定期健康診断で受けることのできる検査項目をご紹介します。

基本的な検査項目は、問診(病歴、病状、生活習慣などを質問すること)、身体検査(身長、体重、視力、聴力、BMI)、理学的所見(視診、触診、聴診などの他覚所見)、血圧測定、尿検査(尿糖、尿蛋白)、胸部X線検査となります。

また医師が必要だと判断した場合には、腹囲計測、血液検査、血糖検査(血液中のブドウ糖を調べる)、貧血検査(赤血球数、血色素量)、心電図検査、肝機能検査などが追加検査として行われる場合があります。

人間ドッグなどと比べれば検査項目は少なく、細かい検査もありませんが小さな病気の種を見つけるきっかけとなる場合も多いので、自分の健康を考える良い機会となると思います。

生活習慣病を中心にした検査

生活習慣病予防健診の検査項目は定期健康診断の検査項目よりも充実していて、より細かい検査を受けることが可能となっています。
では生活習慣病予防健診の検査項目を見ていきましょう。

一般健診は、問診(病歴、病状、生活習慣)、身体測定(身長、体重、視力、聴力、BMI)、依学的所見(視診、触診、聴診など)、血圧測定、尿検査(血糖、尿蛋白)、便潜血反応検査(便に混じっている血液を検出)、血液検査、脂質検査(血液内の中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロールを調べる)、血糖検査(血液中のブドウ糖を調べる)、肝機能検査(GOT、GPT、r-GTP)、心電図検査、胸部レントゲン検査、胃部レントゲン検査となります。

医師が必要と判断した場合は、眼底検査、血液検査、貧血検査(赤血球数、血色素量)、直腸検査などが追加されます。