健康診断で受けられる検査項目

>

健診前に気をつけよう

健康診断前の禁止事項

健康診断の前には正確な検査結果を出すために禁止されていることがあります。
各医師の指示に従って禁止されていることを確認して注意するようにしてください。
検査項目にある検査は正確な結果が出なければ意味のないものになってしまうかもしれません。

尿検査や血液検査などに影響がでる場合が多いために前日から飲酒は禁止とされています。
できれば前々日当たりからアルコールは避けたほうがいいでしょう。

午前に健診が予定されている場合は12時間前、午後の健診の場合では6時間前までに食事、水分摂取、喫煙、薬服用を済ませておくことが大切となります。
水分摂取はカフェインの入ったものや清涼飲料水などは食事と同様の時間前に済ませておくことが基本ですが、コップ一杯から二杯程度でしたら水に限り摂取可能となっています。
薬は毎日飲んでいる服用薬がある場合は担当医に確認をとるようにしましょう。

できれば健診前は避けたいこと

禁止とはなっていないけど、血液検査などに影響を及ぼすかもしれない行動があります。
健診前日にはできれば避けたほうが良い行動をピックアップしてみましたので確認しておいてください。

「脂っこい食事」
焼肉、ピザ、ラーメンなどの脂っこい食事は避けたほうがいいでしょう。
血液検査で中性脂肪が高く出てしまう可能性が大きくなりますので、どうしても食べたい場合は量を調節するなど工夫をしてください。

「大量の甘い物の摂取」
血糖値や中性脂肪、尿糖などに影響がでる可能性があるため、ケーキなどの甘い物は摂り過ぎないようにしましょう。
デザートはフルーツを食べるなどの工夫が必要です。

「喫煙」
喫煙は血圧とコレステロールに影響が出る場合があります。
できる限り、前日は喫煙を我慢するようにしてください。