>

資金がなくなりそうな時に使う

利用できる人の条件

残念ですが、誰でも無条件に使えるビジネスサポートはありません。
審査を行い、信用できると判断された人だけが利用できる決まりになっています。
そこで信頼性を伝えるために、書類を提出してください。
書類で自分の情報や、これまで行ってきた事業などを具体的に説明しましょう。
審査を通過できれば、資金を得られるので経営状態が悪化することを避けられます。

さらに、どのように資産が動いているのかわかる書類も用意しましょう。
それがあると、定期的に利益を得られていることを伝えられます。
ビジネスサポートでは資金を借りるので、必ず返済しなければいけません。
ある程度の利益があることを伝え、スムーズに返済できるとアピールしましょう。

事業計画書と返済計画書

自分が行っている事業や、これから行いたい事業をまとめましょう。
それが、事業計画書になります。
ただこのような事業を行いたいと希望を伝えるのではなく、具体的な方法やそれが成功することで得られる利益、さらに社会にとってどのようなメリットが生まれるのかも記入してください。
そのぐらい詳しい情報がなければ、信頼されません。

そして、返済計画書も作成しましょう。
それを提出することで、計画性があり、順調に返済できる人物だと認めてもらえます。
ですが、無理がある計画は考えないでください。
今の収入だと実現が不可能だと思われる計画書では、信頼を得られません。
むしろ計画性がない人間だと思われるので、審査を通過するためには逆効果です。


この記事をシェアする